2016年3月13日日曜日

改めて、皆さんはフェアトレードをご存知ですか?

皆さんは、フェアトレードをご存知ですか?

ちょっと長文になりますが、ぜひお付き合いください!

コーヒーや紅茶、バナナやチョコレート。日常を彩るたくさんの食べ物が世界の国々から私たちのもとに届けられてきます。
日本では途上国で生産された日用品や食料品が、驚くほど安い価格で販売されていることがあります。一方生産国ではその安さを生み出すため、正当な対価が生産者に支払われなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬が使用され環境が破壊されたりする事態が起こっています。
生産者が美味しくて品質の良いものを作り続けていくためには、生産者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことが重要です。

フェアトレードとは直訳すると「公平な貿易」。つまり、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいい、ヨーロッパを中心に1960年代から広まりました。

日本では、「わかちあいプロジェクト」の設立者、松木傑氏(元ルーテル教会牧師)が、当時ドイツで進められていたフェアトレード認証「トランスフェア」の仕組みを学び、フェアトレードを普及させるため日本に持ち帰って始まりました。 

1997年、世界各国にあるフェアトレードラベル運動組織が1つにまとまり、「国際フェアトレードラベル機構」という国際ネットワーク組織が設立されました。
そして2004年2月、フェアトレード基準の世界での統一化にともない、日本国内におけるフェアトレード承認事業等を行うNPO法人「フェアトレード・ラベル・ジャパン」が設立されました。
国際フェアトレード認証は、製品(原料)が以下の国際フェアトレード基準に従い認証を受けている事を保証しています。
1.生産者への適正な価格と長期的な取引
2.生産者の社会的・経済的な発展
3.生産物の品質と技術の向上
4.生産者の労働環境と労働条件
5.生産地の環境保全
フェアトレードラベルは、人が手を挙げている図柄です。 これは、途上国で日々、前向きに取り組む生産者の人たちの決意と、フェアトレードを求める世界中の消費者の熱望とが繋がり、前進していくポジティブな姿を表しています。未来への可能性を青空で、そして成長や広がりを緑で表現しています。



それでは今回はチョコレートを例に、どうしてフェアトレードが必要なのかをお話ししましょう。



チョコレートの原料といえば、ご存知カカオ豆。

カカオは、カカオベルトと言われる赤道を中心に北緯南緯20度の地帯にしか育たないと言われています。(最近、小笠原諸島の母島で国産のカカオが量産化できそうだと話題になっていますが。)



その中を見ると大半が発展途上国で、カカオ豆の生産量の第一位がコートジボワールで、二位がガーナ、三位がインドネシアといった感じで、貧困国が上位の生産国なのです。

実はカカオは、コーヒーのような大きな農園で量産することが出来ないのです。

カカオの木は大きくなるまでは他の木の陰で生育する陰樹なので、コーヒーのように広大な面積の農地で一挙に栽培することが出来ないのです。

そしてカカオ農家はカカオの実をそのまま出荷するのではなく、収穫した実を一つ一つ手作業で割って中の豆を取り出して、それを発酵させてしっかりと乾燥させるまでを行います。
実はとてもコスト高で、大変な人手間もかかるわけです。




このカカオの価格は、大半がロンドンの商品先物市場の国際相場で決められ、とても不安定でカカオの価格が下落すると、西アフリカの農民にしわ寄せがいくのです

そうした不安定な収益のカカオ農場の維持のために、コートジボワールの大半の農場では写真のように児童を従事させているのです

子供たちは学校にも行けず、時には大きな刃物を扱うなどの危険な仕事を強いられているのです。

実は大農場でたくさんカカオ豆を収穫して、工場で原料に加工をしているわけではないのです。

しかも生産者は、先進国の相場に翻弄されて貧困から抜け出せない状態で、しかも児童労働が現実に行われているのです。

国際フェアトレードラベル機構は、こうした生産地の現状を是正するための基準を作り、生産者に資金を提供するのではなく自立を促す運動を展開しているのです。

生産地のことを考えると、そもそも100円代で板チョコはとても買えないのです!


私たちが一口食べた時のちょっとした幸せを、生産者全ての方と共有できたらどんなに素晴らしいことでしょうか!


3月20日、杉並区立桃井原っぱ公園で「西荻ラバーズフェス」が開催されます。

クリーニング ビギンは、「フェアトレードのオリーブオイルを使った手作り石鹸」のワークショップを行っております。
参加費1500円で、収益の全てを4、5月に行う難民キャンプへの古着支援の輸送料に充てさせていただきます。

また数に限りがございますが、ブースにお立ち寄りくださった方にフェアトレードのマテ茶とチョコレートをほんのちょっとですが、差し上げておりますのでどうぞお気軽においでください!

少しでもたくさんの方々に、フェアトレードを知っていただけたらとってもうれしいな!

http://nishiogi-lovers.com












2015年12月3日木曜日

シェアクリーンはじめます!

クリーニングのノザキ店長です!
いよいよ当店ではじめました、シェアクリーンのご案内です。

クリーニングセンターノザキとCleaning Beginでは、本日よりシェアクリーン=洗濯代行サービスを皆様にご案内させていただいております☆
アメリカからやってきた洗濯代行サービス、シェアクリーン。
家事のなかでももっとも手間と時間を費やす毎日のお洗濯。
そして地球環境にも、実は多大な影響を与えているのが洗濯なのです。シェアクリーンは、エコロジカルな一歩を踏み出すサービスです。
各ご家庭の毎日のお洗濯を一か所で扱うことで、家事から解放されエネルギーや大量の排水処理等、環境負荷も軽減していきます。
ご利用方法は簡単♪ まず専用のバッグを購入いただき、それにお洗濯ものを詰めるだけ!
お持ち込みは1800円から、集配での受付は2200円からとなっております。
※利用できる衣類については詳細をご説明させていただいております。

もう洗濯をご家庭でやる時代は終わりました♪
どうぞご利用ください!

2014年9月11日木曜日

おさがりプロジェクトをご存知ですか?

こんにちは!
ノザキサービスコーポレーションスタッフです♪

当店で行っている『おさがりプロジェクト』をご存知ですか?
大事に着ていたお子様の衣類を、
次に来てくれる方に渡していく、
衣類のバトンです。

大事に着ていた一張羅を、当店でお預かりし、
無償でクリーニング、次のご希望の方へ
お渡ししています。

こちらは、3歳〜5歳向けのハッピ♪
今週末の春日様のお祭りにいかがですか?

電話代表;03−3247−8556





お気軽にご連絡ください〜。


※当店クリーニングセンターノザキもしくはCleaningBeginの会員様限定になります

2014年8月29日金曜日

金曜日はグリーン電力の日。

荻窪クリーニングセンターノザキと
西荻窪 Cleaning Beginでは、毎週月曜日と金曜日は
グリーン電力として、兵庫県淡路市にある北淡震災記念公園の風力発電所から
グリーン電力を買い取り、クリーニング稼動電力にあてています。

できることを少しずつ継続して行うこと。
私たちの約束です。エコクリーニング宣言。

グリーン電力 について


2014年3月3日月曜日

杉並ヨイトコ巡り取材メモ「西荻案内所」編


本日、当店運営情報サイト「杉並ヨイトコ巡り」の取材で、「西荻案内所」さんにお邪魔してきました!

この「西荻案内所」を運営していらっしゃる奥秋さんご夫妻は、以前当店のブログの「我が街、西荻窪の魅力」の中でご紹介した「西荻観光手帖」を制作された方で、西荻窪の町をこよなく愛していらっしゃいます。



目抜通りから少し入った住宅街の中にひっそりとあるこの案内所は、約二時間の取材中に6、7人の方が訪れて、何か縁側にでも腰掛けて世間話をしているような親しみのある温かさを感じる空間でした。

このような外から来られたクリエイティブな人達が、このトラディショナルな西荻の町を魅力的に変えていくんだなと感じました。

関わりにくい業種の当店ですが、西荻のためになる情報を共に発信していけたらなと思いました!

後日、「ヨイトコ」で詳しくご紹介しますね~!



「杉並ヨイトコ巡り」  yoitoko.nozaki-service.jp/

2014年2月4日火曜日

ご家庭のシーツは大丈夫ですか?

バスタオルの洗濯はどの割合で行っていますか?

とあるアンケートで、素肌に触れる物の洗濯は毎回が五割以上と多数派だそうです。

ところで、シーツや布団カバー、枕カバーはいかがでしょうか?

 週一ペースで洗濯するが四割で、二十代の独身男性だけですとなんと五割は洗わないという回答には驚きました!

下着よりも身近で、汗もかなり吸っていて、ダニ等のアレルゲンもかなり付着しているのに、本当に大丈夫でしょうか?


見た目より、かなり汚れているんです!

欧米では週一で洗濯する人は六から八割だそうです。

日本人は不潔ということでしょうか?

実は、洗わない理由は「大変だから」なんだそうです。

出来れば下着同様毎日交換がベストなのでしょうが、せめて週一回ペースのお洗濯をぜひともお勧めします!

寝汗は季節に関係なく出ますし、その汗に含まれる皮脂は蓄積すると黄ばみや臭いの原因となり大変不衛生です。

出来れば皮脂が溶解する40℃以上のお湯で洗うとよいのですが、当店のEMクリーニングにぜひともお任せください!

当店のシーツ等のクリーニングは、ワイシャツと同様に50℃のお湯にEMを使い、皮脂をより落とすためにレモン等に含まれているクェン酸を入れて洗います。

EM(有用微生物群)には嫌な臭いを取り除くほかに、悪玉菌を寄せ付けない効果があります。

仕上げのスターチはタピオカ由来の天然糊で、もちろんこちらもEMを配合しております。

素肌に優しく、そして地球にも優しいプロのクリーニングです!

どんなに高級なベッドや布団でも、汚れたシーツでは質の良い睡眠は取れません。

シャキっとサラっとしたシーツですっきり快眠!


当店が、軽やかな朝のスタートを応援させていただきます!


エコなプロのシーツクリーニングで快眠!

2014年1月28日火曜日

真冬のお召し物こそクリーニングが大切!

カシミヤのコートやスーツ等、毛物の衣服は基本的にシーズンを終えて洗う程度がよく、普段のメンテナンスは着用後のブラッシングを施していれば十分とされています。

しかしなかなかブラッシングをするのは面倒ですし、ビジネスでお使いの場合はメンテナンスの条件が異なってきます。

電車やオフィスは暖房が行き届いていて屋外との温度差が大きいため、実は汗をかなりかいているのです。


カシミヤコートは汗等の酸化にとても弱いのです。

真冬にかく汗は真夏にかく汗と違って皮脂分を多く含んだ粘性のある汗をかきます。
そのため首回りがとても汚れ、臭いに変わったりします。

特にコートの場合、ウールやコットン、化繊に関わらずシーズン中に首回りを中心としたクリーニングを最低二回行うことをお勧めします。

また、ビジネススーツはできたら週に一回のクリーニングを行い一週間休ませるイメージでご使用になるのがよろしいのではないのでしょうか。

ちなみにブラウスやワイシャツ等、肌に近い衣料は真夏と同じく毎回クリーニングをぜひお勧めします!

コートもスーツもプラス一着多くお持ちいただき、クリーニングしてから休ませるというサイクルがとても大切!

衣服の寿命も違いますし、何より気分も変わります。



ビジネスウェアはプラス一着お持ちになり、クリーニングしてから休ませるサイクルが大切!

そしてご提案!

そのメンテナンスは、ぜひ「椿あらい」にお任せください!